2017.10.10更新

▼ リッチビデオメッセージとは
リッチメッセージの動画版がリッチビデオメッセージです。ユーザーがトークルームに入った時点で自動的に再生を開始し、視聴完了後には任意のURLに遷移を促すことができます。

※リッチビデオメッセージは「プロ」「プロ(API)」プランご購入の方のみお使いいただける機能です。

リッチビデオメッセージの作成_0

▼ リッチビデオメッセージの作成方法
※画像は開発中のものです。デザイン等、予告なく変更になる場合があります。

リッチビデオメッセージの作成_1
① 左メニューバーの「リッチコンテンツ作成」を押す
②「リッチビデオメッセージ」を押す
③「新規作成」を押す

リッチビデオメッセージの作成_2
④ 予め作成した動画をアップロードする
※容量:200MBまで、ファイル形式:mp4推奨
※横長・正方形・縦長どれでも設定可能です
※アップロードには時間がかかります
アクションボタン
視聴完了後にアクションボタンを表示させる場合は「表示する」を選択する
※表示しないを選択した場合は⑥⑦の項目が省略されます
アクションボタンテキスト
アクションボタンの文言を選択する
 <表示箇所>
 リッチビデオメッセージの作成_3
リンクURL
遷移先のリンクURLを設定する
非対応端末向けの設定
ユーザーが動画非対応端末を利用していた場合の、動画の代わりに表示させる代替テキストを入力する
※対応端末でもPUSH画面やトークリストでプレビュー表示されます
 <表示箇所>
 リッチビデオメッセージの作成_4
プレビュー(テキスト)
非対応端末での見え方を確認できます
※動画は確認できません
※実際にどのように動画が再生されるかを確認したい場合はテスト送信をご利用ください
⑨「保存」を押す

※リッチビデオメッセージがトーク内で表示・保存される期間は14日間です。
※リッチビデオメッセージの再生回数は取得できません。
※リッチビデオメッセージを送った際、受け取ったユーザーにかかるパケット量や通信制限がかかっている場合でも再生可能かといったことについては、ユーザー側の利用環境に依存します。
※送信予約後に変更した内容は、リッチメッセージと同様に、送信予約した内容にまでは反映されません。送信予約したあとに変更する必要が生じた場合は、必ず送信予約をキャンセルしてから変更してください。