カテゴリ/機能マニュアル

2017.11.21更新





▼ 動画・音声メッセージとは
「動画メッセージ」「音声メッセージ」は、メッセージ配信で送ることができる形式のメッセージです。

【動画メッセージ】
動画ファイルを送信できます。
容量:200MB以下、かつ3分以内 ファイル形式:mp4推奨
※動画がトーク内で表示・保存される期間は14日間です

【音声メッセージ】
音声ファイルを送信できます。
容量:200MB以下、かつ10分以内

※動画・音声メッセージは「ベーシック」より上位のプランをご購入の方のみお使いいただける機能です。
※動画・音声メッセージはPC版管理画面からのみ配信できます。LINE@アプリからは配信できません。


動画・音声メッセージ配信_0

▼ 動画・音声メッセージの配信方法
※画像は開発中のものです。デザイン等、予告なく変更になる場合があります。

動画・音声メッセージ配信_1
① 左メニューバーの「メッセージ作成」を押す
② 送信範囲を「友だち全員」か「属性でしぼりこみ」かを選択
  ※「属性でしぼりこみ」は「プロ」プランのみお使いいただける機能です。
  「プロ」プランについて詳しくはこちら

③「メッセージを配信する日時を指定する」か「今すぐ送信」かを選択
④ メッセージを配信する際にホーム(タイムライン)にも同時に投稿するか選択
⑤「動画」か「音声」を選択
【動画メッセージ】
予め作成した動画をアップロードする
※容量:200MB以下、かつ3分以内
※推奨ファイル形式:mp4
 動画・音声メッセージ配信_2
【音声メッセージ】
予め作成した音声ファイルをアップロードする
※容量:200MB以下、かつ10分以内
※推奨ファイル形式:wav、mp3、m4aなど一般的なファイル形式であれば問題ありません
 動画・音声メッセージ配信_3

⑥ プレビュー:配信された時の見え方を確認する
⑦ 下書き保存:作成したメッセージを下書き保存する
⑧ キャンセル:メッセージの作成をキャンセルする(作成途中のメッセージは保存されません)
⑨ 送信:メッセージを送信する
 ・③で日時を指定→指定した時間に作成したメッセージが配信されます
 ・③で「今すぐ送信」を選択→「送信」を押すと送信が開始されます


2017.11.22更新



▼ リッチビデオメッセージとは
リッチメッセージの動画版がリッチビデオメッセージです。ユーザーがトークルームに入った時点で自動的に再生を開始し、視聴完了後には任意のURLに遷移を促すことができます。

※リッチビデオメッセージは「プロ」「プロ(API)」プランご購入の方のみお使いいただける機能です。

リッチビデオメッセージの作成_0

▼ リッチビデオメッセージの作成方法
リッチビデオメッセージの作成_1
① 左メニュー>「リッチコンテンツ作成」を押す
②「リッチビデオメッセージ」を押す
③「新規作成」を押す

リッチビデオメッセージの作成_2
④ 予め作成した動画をアップロードする
※容量:200MBまで、ファイル形式:mp4推奨
※横長・正方形・縦長どれでも設定可能です
※アップロードには時間がかかります
アクションボタン
視聴完了後にアクションボタンを表示させる場合は「表示する」を選択する
※表示しないを選択した場合は⑥⑦の項目が省略されます
アクションボタンテキスト
アクションボタンの文言を選択する
 <表示箇所>
 リッチビデオメッセージの作成_3
リンクURL
遷移先のリンクURLを設定する
非対応端末向けの設定
ユーザーが動画非対応端末を利用していた場合の、動画の代わりに表示させる代替テキストを入力する
※対応端末でもPUSH画面やトークリストでプレビュー表示されます
 <表示箇所>
 リッチビデオメッセージの作成_4
プレビュー(テキスト)
非対応端末での見え方を確認できます
※動画は確認できません
※実際にどのように動画が再生されるかを確認したい場合はテスト送信をご利用ください
⑨「保存」を押す

※リッチビデオメッセージがトーク内で表示・保存される期間は14日間です。
※リッチビデオメッセージの再生回数は取得できません。
※リッチビデオメッセージを送った際、受け取ったユーザーにかかるパケット量や通信制限がかかっている場合でも再生可能かといったことについては、ユーザー側の利用環境に依存します。
※送信予約後に変更した内容は、リッチメッセージと同様に、送信予約した内容にまでは反映されません。送信予約したあとに変更する必要が生じた場合は、必ず送信予約をキャンセルしてから変更してください。


2017.11.22更新





▼ リッチメニューとは
トークルームのキーボードエリアにアカウント独自のメニューを展開出来る機能です。事前に設定したキーワード応答をメニューとしてセットできるほか、外部URLも設定可能です。

※リッチメニューは「ベーシック」プランより上位のプランをご購入の方のみお使いいただける機能です。

リッチメニューの作成_0

▼ テンプレートの種類
リッチメニューは以下2種類のテンプレートがあります。
【画像タイプ】
事前に制作された画像をアップロードして表示するタイプ
【テキスト+アイコンタイプ】
規定のアイコンとテキストで表示するタイプ
リッチメニューの作成_1

※リッチメニューを設定している場合、ショップカードをリッチメニューへ表示させることはできません。
※リッチメニューで設定する外部URLに、ショップカードのURLを指定することで、リッチメニューの遷移先にショップカードを表示させることは可能です。その場合、ショップカードメニュー内の「共有する」で取得できるURLを、リッチメニューに設定してください。

▼ 分割の種類
リッチメニューのエリアを分割するテンプレートは、「画像タイプ」=7種類、「テキスト+アイコンタイプ」=2種類です。

リッチメニューの作成_2

▼ リッチメニューの作成方法
リッチメニューの作成_3
① 左メニューバーの「リッチコンテンツ作成」を押す
②「リッチメニュー」を押す
③「新規作成」を押す

基本設定(画像タイプ、テキスト+アイコンタイプ共通)
リッチメニューの作成_4
表示設定
「反映する」を選択し、⑤で設定する表示期間内であれば、ユーザーの端末に表示されます。
※ユーザーに表示できるリッチメニューはひとつだけです。期間が重複していると「反映する」の設定はできません。
表示期間
リッチメニューを表示させる期間を設定します。
タイトル
管理用のタイトル設定欄です。ユーザーには表示されません。
トークルームメニュー
リッチメニュー下部のメニューバーに表記するテキストを「チェック」または自由に設定できます。
 <表示箇所>
 リッチメニューの作成_5
メニュー初期表示
【表示する】
ユーザーがトークルームに入った際、自動的にリッチメニューが表示されます
【表示しない】
ユーザーがトークルームメニューを押すと、リッチメニューが表示されます
テンプレート選択
「画像で作成」か「テキスト+アイコンで作成」かを選択します。

1.画像タイプの場合
リッチメニューの作成_6
① アップロードしたい画像サイズを選択する
② 分割タイプを選択する
③ デザインガイド(png形式)のダウンロードが可能
※画像サイズは①で選択されたタイプのものに自動で切り替わります。

【画像サイズのパターンについて】
アプリ内の表示枠サイズは固定なので、小さめサイズを設定される場合、高解像度端末では画像が荒く見える可能性があります。
・2500×1686
従来の規定サイズ。高解像度端末向けですが、容量が重くなり読み込みに時間がかかる可能性があります。
・1200×810 ※推奨サイズ
一般的なスマートフォンを広くカバーできるサイズです。現状の推奨サイズはこちらです。
・800×540
1200×810よりも容量をおさえることができますが、高解像度端末では荒れる可能性があります。
・400×270
主にネットワーク環境が整わない海外向けの、最も容量に配慮した小さなサイズです。

リッチメニューの作成_7
①「アップロード」を押し、デザインガイドに沿って作成した画像をアップロードする
② 各エリアの「入力」を押す
③ 各エリアに対するリンクを設定する
※すべてを「設定しない」にすることはできません
【キーワード応答】
事前に登録しておいたキーワード応答メッセージを選択する
 リッチメニューの作成_8
使用例:キーワード応答メッセージで「クーポン」と話しかけられた際クーポンを配信する設定にしておき、リッチメニューのキーワードを「クーポン」とすると、リッチメニューでクーポンを返すことができます。
※1:1トークをONにしている場合も、設定されたキーワードテキストが送信されます
【URL】
リッチメニューから遷移するURLを直接入力する
 リッチメニューの作成_9
④「プレビュー」で確認し「保存」を押す


2.テキスト+アイコンタイプの場合
リッチメニューの作成_10
① 分割タイプを選択する
② 各エリアの「入力」を押す
③ 各エリアに表示させるアイコンを選択する
④ 各エリアに表示させるテキストを入力する
※全角・半角問わず18文字まで
※選択した分割タイプと端末の組み合わせによって改行位置が異なります
⑤ 各エリアに対するリンクを設定する
※1:1トークをONにしている場合も、設定されたキーワードテキストが送信されます
※同じURLを2箇所以上に設定することはできません
※アイコン+テキストタイプでは「設定しない」がありません

⑥「プレビュー」で確認し「保存」を押す


2017.9.21更新



▼ リッチメッセージの「画像」について
「リッチメッセージ」を作成する際は以下条件の「画像」が必要です。

・1040×1040ピクセルの正方形の画像
・jpegまたはpng形式

また、「リッチメッセージ」は、最大6つのURLリンク、もしくはクーポンを分割して設定することができます。なお、アップロードする背景画像はすべて「1040×1040ピクセル」で固定のため、各テンプレートごとに画像を作成する際には以下の制作ガイドをご参照の上、それぞれのパーツを組み合わせて1枚の1040×1040ピクセルの画像を制作してください。

リッチメッセージの画像の作り方_0

ここでは、Windowsのパソコンを使ったリッチメッセージの「画像」(3枠タイプ)の作り方についてご説明します。

▼ リッチメッセージの「画像」(3枠)の作り方
使用するソフトは、1枠タイプ同様、Microsoft社「PowerPoint」とWindowsにインストールされている「ペイント」です。

1.「PowerPoint」で3つの長方形を組み合わせた1枚の画像を作る
2.「ペイント」で1040×1040ピクセルのサイズに調整する

という手順で作成します。

1.「PowerPoint」で3つの長方形を組み合わせた1枚の画像を作る

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_1
①「PowerPoint」を開く
②「挿入」>「図形」>「正方形/長方形」を選択

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_2
③「Shift」+「左クリック」を押しながらマウスを動かすと縦横の比率を保ったまま正方形の作成が可能
④ ③で作成した正方形をWクリックし、画面右上の「高さ」「幅」を15cm×15cmに調整

④で作成した正方形の中に、3つの長方形を作ります。

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_3
⑤「挿入」>「図形」>「正方形/長方形」を選択

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_4
⑥ 長方形を挿入し、Wクリックして画面右上の「高さ」=5cm、「幅」=15cmに調整

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_5
⑦ ⑥で作成した長方形を「Ctrl」+「C」でコピー、「Ctrl」+「V」で貼り付ける

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_6
⑧ 作成した2個の長方形の色を変え、判りやすくする

3分割の基になる図形ができあがりました。この後、1番上の枠に画像を入れる方法をご説明します。
リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_7



リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_8
⑨「挿入」>「図」から画像を挿入

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_9
⑩ 画像の「大きさ」「位置」を調整
※大きさを変更する場合は「Shift」+「右or左クリック」を押しながら行うと縦横の比率を変えずに変更できます

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_10
⑪ 長方形からはみ出している余分な画像をトリミングするため、画像をWクリックし画面右上の「トリミング」を選択

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_11
⑫ 長方形のサイズに合わせ、「Ctrl」+「X」で切り抜き、「Ctrl」+「V」で貼り付け

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_12
⑬「挿入」>「テキストボックス」で中段の長方形の中にテキスト(文字)を記載
※テキスト(文字)の「フォント」「色」「大きさ」などを調整しましょう

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_13
⑭ ⑬で作成したテキスト(文字)を「Ctrl」+「C」でコピー、「Ctrl」+「V」で下段の長方形に貼り付け
⑮ テキスト(文字)を打ち変える

3つの長方形を組み合わせた1枚の正方形の画像が完成しました。
リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_14


2.「ペイント」で1040×1040ピクセルのサイズに調整する
「PowerPoint」で画像を作成後、ファイルは開いたまま、画面左下のWindowsスタートメニューのアイコンを押し「ペイント」を起動します。

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_15
①「サイズ変更」を押す
② 単位を「ピクセル」にする
③「縦横比を維持する」のチェックを外す
④「水平方向」「垂直方向」それぞれに「1040」を入力
⑤「OK」を押す

1040×1040ピクセルのキャンバスができあがります。
このキャンバスに、先ほど「PowerPoint」で作成した画像を貼り付けてサイズ調整します。

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_16
⑥ 先ほどの「PowerPoint」の画面に戻り、「Ctrl」+「A」を押し作成したパーツを全て選択する
⑦「Ctrl」+「C」でコピー

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_17
⑧「ペイント」に戻り「Ctrl」+「V」で画像を貼り付ける

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_18
⑨ キャンバスの大きさに合わせて貼り付けた画像のサイズを調整
※比率が崩れないように注意しながら拡大してください
⑩ 赤枠の部分で画像が1040×1040ピクセルになっているかを確認

リッチメッセージの画像の作り方(3枠)_19
⑪「名前を付けて保存」する


2017.9.12更新


▼ リッチメッセージの「画像」について
「リッチメッセージ」を作成する際は以下条件の「画像」が必要です。

・1040×1040ピクセルの正方形の画像
・jpegまたはpng形式

また、「リッチメッセージ」は、最大6つのURLリンク、もしくはクーポンを分割して設定することができます。なお、アップロードする背景画像はすべて「1040×1040ピクセル」で固定のため、各テンプレートごとに画像を作成する際には以下の制作ガイドをご参照の上、それぞれのパーツを組み合わせて1枚の1040×1040ピクセルの画像を制作してください。

リッチメッセージの画像の作り方_0

ここでは、Windowsのパソコンを使ったリッチメッセージの「画像」(1枠タイプ)の作り方についてご説明します。

▼ リッチメッセージの「画像」の作り方
使用するソフトは、Microsoft社「PowerPoint」とWindowsにインストールされている「ペイント」です。

1.「PowerPoint」で正方形の画像を作る
2.「ペイント」で1040×1040ピクセルのサイズに調整する

という手順で作成します。

1.「PowerPoint」で正方形の画像を作る

リッチメッセージの画像の作り方_1
①「PowerPoint」を開く
②「挿入」>「図形」>「正方形/長方形」を選択

リッチメッセージの画像の作り方_2
③「Shift」+「左クリック」を押しながらマウスを動かすと縦横の比率を保ったまま正方形の作成が可能
※正方形であれば大きさは自由で構いません

③で用意した正方形の中でリッチメッセージの画像を作成します。

a.背景色・枠線の色を変える
作りたい画像のイメージに合わせ背景色を変更してみましょう。

リッチメッセージの画像の作り方_3
「ホーム」もしくは「右クリック」>「図形の塗りつぶし」「図形の枠線」で背景色・枠線の色を変更

b.ロゴや写真を挿入する
リッチメッセージに使いたいロゴや画像を挿入します。
※解像度の高いデータを用意しましょう

リッチメッセージの画像の作り方_4
「挿入」>「図」からパソコンに保存済みのロゴデータや画像ファイルを挿入

リッチメッセージの画像の作り方_5
ロゴデータが配置できました。
※ロゴデータや図の大きさを変更する場合は「Shift」を押しながら行うと縦横の比率を変えずに変更できます

c.テキスト(文字)を記載する
リッチメッセージに入れたいテキスト(文字)を記載します。

リッチメッセージの画像の作り方_6
「挿入」>「テキストボックス」でテキスト(文字)を書く
※「ホーム」もしくは「右クリック」を押すと「フォント」「サイズ」「テキストの色」「文字の位置」を変更できます

d.図形を挿入する
リッチメッセージ下部に「詳しくはこちら」などクリックを促すバナーを入れましょう

リッチメッセージの画像の作り方_7
「挿入」>「図形」>「正方形/長方形」で長方形を挿入、背景色と枠線の色を変更し「テキストボックス」を押してテキストを書く


2.「ペイント」で1040×1040ピクセルのサイズに調整する
「PowerPoint」で正方形の画像を作成後、ファイルは開いたまま、画面左下のWindowsスタートメニューのアイコンを押し「ペイント」を起動します。

リッチメッセージの画像の作り方_8

リッチメッセージの画像の作り方_9
①「サイズ変更」を押す
② 単位を「ピクセル」にする
③「縦横比を維持する」のチェックを外す
④「水平方向」「垂直方向」それぞれに「1040」を入力
⑤「OK」を押す

1040×1040ピクセルのキャンバスができあがります。
このキャンバスに、先ほど「PowerPoint」で作成した画像を貼り付けてサイズ調整します。

リッチメッセージの画像の作り方_10
⑥ 先ほどの「PowerPoint」の画面に戻り、「Ctrl」+「A」を押し作成したパーツを全て選択する
⑦「Ctrl」+「C」でコピー

リッチメッセージの画像の作り方_11
⑧「ペイント」に戻り「Ctrl」+「V」で画像を貼り付ける

リッチメッセージの画像の作り方_12
⑨ キャンバスの大きさに合わせて貼り付けた画像のサイズを調整
※「Shift」を押しながら拡大すると比率が崩れません
⑩ 赤枠の部分で画像が1040×1040ピクセルになっているかを確認

リッチメッセージの画像の作り方_13
⑪「名前を付けて保存」する


ショップカード公開後は管理画面に以下項目が表示されるようになり、ショップカードの編集や各種設定、統計管理の閲覧やエクスポートをすることができます。また、ショップカードの利用を停止したい場合は、編集画面から公開停止にすることができます。

ショップカード編集_app1
1. ショップカード編集
2. ポイント付与履歴
3. 統計管理
4. 共有する
5. 店舗位置情報登録

----------------------------------------
6. ショップカードの公開停止



1. ショップカード編集
設定内容の変更をすることができます。
※変更前にカードを取得していたお客さまのカード内容は変更されません
▼ランクアップカードを設定していない場合
ショップカード編集_app2
① 「ショップカード編集」を押し、変更したい内容を入力後「更新」を押す


ショップカード編集_app3
②【任意】「更新内容お知らせ」に記入すると、変更した内容をお客さまにお知らせすることができます
③「確定」を押す


▼ランクアップカードを設定している場合
・カードごとに編集可能な項目
「デザイン」「ゴールまでのポイント数」「ゴール特典」「追加特典」
ショップカード編集_app4
①「ショップカード編集」を押し、変更したいカードの「カード名称」を押す


ショップカード編集_app5
② 変更したい内容を入力し「更新」を押す
③ 次画面で「更新内容お知らせ」に記入(※任意)し、「確定」を押す


・全ランク共通で編集可能な項目
「有効期限」「有効期限前通知」「カード取得ボーナス」「不正防止設定」「ご利用案内」「リッチメニューへ表示」「ポイント付与画面設定」
ショップカード編集_app6
①「ショップカード編集」を押し、「全ランク共通設定」を押す


ショップカード編集_app7
② 変更したい内容を入力し「更新」を押す
③ 次画面で「更新内容お知らせ」に記入(※任意)し、「確定」を押す


2. ポイント付与履歴
直近のポイント付与履歴を「期間別」「お客さま別」に参照できます。
※PC版管理画面からCSVでデータを出力することもできます
ショップカード編集_app8


3. 統計管理
発行した特典チケットの枚数や利用数、現在のカードの発行枚数などが確認でき、費用対効果だけでなく、自店の来店頻度や 離脱回数などの分析に利用できます。
※PC版管理画面からCSVでデータを出力することもできます
ショップカード編集_app9


4. 共有する
ショップカードのリンクを取得することができます。
ショップカード編集_app10


5. 店舗位置情報登録
「店舗位置情報登録」を押して住所を登録し、「検索対象とする」をONにすると、LINE内にアカウントの情報が公開され、お客さまがLINE上でお店のカードを探しやすくなります。
ショップカード編集_app11


6. ショップカードの公開停止
ショップカードの利用を停止したい場合は、ショップカード編集画面から公開停止にします。
※一度公開停止にした場合は復活できません。また、公開停止日の翌日まで、新しくショップカードを開始することはできません。
ショップカード編集_app12
①「ショップカード編集」を押し、「サービス公開停止」を押す


ショップカード編集_app13
② 必要事項を記入し「サービス公開停止」を押す
※公開停止日を過ぎると統計管理のページは表示されなくなります。対策として、サービス公開停止日とポイント付与終了日をずらしていただくことを推奨いたします。


<関連記事>
・【アプリ】ショップカード作成方法
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1042045062.html
・【PC】ショップカード作成方法
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1057410892.html
・【PC】カード公開後の編集・統計管理・公開停止
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1064671832.html
・ポイント付与・特典付与方法
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1064671734.html
・ショップカード推奨設定・掲示例
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1062354455.html
・ショップカードQ&A
https://help2.line.me/line_at_application/web/categoryId/10002760
・店舗用簡易マニュアル(PDF)
http://lineat-webcollege.blog.jp/shopcard_manual.pdf

2017.11.22更新

ショップカード公開後は管理画面に以下項目が表示されるようになり、ショップカードの編集や各種設定、統計管理の閲覧やエクスポートをすることができます。また、ショップカードの利用を停止したい場合は、編集画面から公開停止にすることができます。

ショップカード編集_PC1
1. ショップカード編集
2. ポイント付与履歴
3. 統計管理
4. 共有する
5. 店舗位置情報登録

----------------------------------------
6. ショップカードの公開停止



1. ショップカード編集
設定内容の変更をすることができます。
※変更前にカードを取得していたお客さまのカード内容は変更されません
▼ランクアップカードを設定していない場合
ショップカード編集_PC2
①「ショップカード編集」を押す
② 変更したい内容を入力し「更新」を押す

ショップカード編集_PC3
③【任意】「更新内容お知らせ」に記入すると、変更した内容をお客さまにお知らせすることができます
④「更新」を押す


▼ランクアップカードを設定している場合
・カードごとに編集可能な項目
「デザイン」「ゴールまでのポイント数」「ゴール特典」「追加特典」
ショップカード編集_PC4
①「ショップカード編集」を押し、変更したいカードの「カード名称」を押す

ショップカード編集_PC5
② 変更したい内容を入力し「更新」を押す
③ 次画面で「更新内容お知らせ」に記入(※任意)し、「更新」を押す

・全ランク共通で編集可能な項目
「有効期限」「有効期限前通知」「カード取得ボーナス」「不正防止設定」「ご利用案内」「リッチメニューへ表示」「ポイント付与画面設定」
ショップカード編集_PC6
①「ショップカード編集」を押し、「全ランク共通設定」を押す

ショップカード編集_PC7
② 変更したい内容を入力し「更新」を押す
③ 次画面で「更新内容お知らせ」に記入(※任意)し、「更新」を押す


2. ポイント付与履歴
直近のポイント付与履歴を「期間別」「お客さま別」に参照できます。データはCSVで出力できます。
ショップカード編集_PC8

ショップカード編集_PC9


3. 統計管理
発行した特典チケットの枚数や利用数、現在のカードの発行枚数などが確認でき、費用対効果だけでなく、自店の来店頻度や 離脱回数などの分析に利用できます。データはCSVで出力できます。
ショップカード編集_PC10


4. 共有する
ショップカードのリンクを取得することができます
ショップカード編集_PC11


5. 店舗位置情報登録
「検索対象とする」に設定すると、LINE内にアカウントの情報が公開され、お客さまがLINE上でお店のカードを探しやすくなります


6. ショップカードの公開停止
ショップカードの利用を停止したい場合は、ショップカード編集画面から公開停止にします。
※一度公開停止にした場合は復活できません。また、公開停止日の翌日まで、新しくショップカードを開始することはできません。
▼ランクアップカードを設定していない場合
ショップカード編集_PC12
①「ショップカード編集」を押し、「サービス公開停止」を押す

▼ランクアップカードを設定している場合
ショップカード編集_PC13
①「ショップカード編集」を押し、「サービス公開停止」を押す


ショップカード編集_PC14
② 必要事項を記入し「サービス公開停止」を押す
※公開停止日を過ぎると統計管理のページは表示されなくなります。対策として、サービス公開停止日とポイント付与終了日をずらしていただくことを推奨いたします。


<関連記事>
・【PC】ショップカード作成方法
http://manual-at.line.me/archives/1057410892.html
・【アプリ】ショップカード作成方法
http://manual-at.line.me/archives/1042045062.html
・【アプリ】カード公開後の編集・統計管理・公開停止
http://manual-at.line.me/archives/1064671844.html
・ポイント付与・特典付与方法
http://manual-at.line.me/archives/1064671734.html
・ショップカード推奨設定・掲示例
http://manual-at.line.me/archives/1062354455.html
・ショップカードQ&A
https://help2.line.me/line_at_application/web/categoryId/10002760
・店舗用簡易マニュアル(PDF)
http://manual-at.line.me/shopcard_manual.pdf

2017.11.22更新

▼ ポイント付与の流れ
ショップカードのポイントは以下の流れで付与できます。

店舗側でポイント読み取り用のQRコードを用意

お客さまにQRコードを読み取っていただく

店舗で用意するQRコードには2種類あります。どちらを利用しても構いません。
店舗側スマートフォンにQRコードを表示
予めQRコードを印刷して店舗に用意



店舗側のスマートフォンにポイント付与QRコードを表示させてお客さまに読み取っていただく方法です。
※ご利用端末のOSにより画面が若干異なります。

ポイント付与・特典付与_sp1
①「管理」>「ショップカード」を押す


ポイント付与・特典付与_sp2
② 「スマートフォン画面にQRを表示」を押す


ポイント付与・特典付与_sp3
③ 付与するポイント数(例:3ポイント付与したい=+3POINT)を押す

「お客さま側の端末でQRコードを読み取る」へ
※一度読み取ったQRコードは読み取れません。QRコードをタップすると読み取り可能な新しいQRコードに更新されます。



ポイント付与QRコードを印刷物として用意しておき、お客さまがいらしたら読み取っていただく方法です。アプリ・PC版管理画面どちらからも用意できます。
※印刷用QRコードのデザイン自体は変更できません

■アプリから印刷用QRコードを用意する
ポイント付与・特典付与_app印刷1
①「ショップカード」>「QRコード印刷」を押す


ポイント付与・特典付与_app印刷2
②「+印刷用ポイント付与QRを作成」を押す


ポイント付与・特典付与_app印刷3
③ 印刷されたQRコードに記載されるタイトルを編集することができます
④「読み取った際に付与するポイント数」を選択
※任意で不正利用防止のための設定をすることができます
⑤【任意】QRコードの有効期間を設定
設定期間を過ぎるとQRコードを読み取ってもポイントは付与されません
⑥【任意】お客さまの位置情報を判定
設定地点から500m以内でQRコードを読み取られた時のみ、ポイントが付与されるようになります
⑦【任意】連続でのポイント取得制限
一定の日や時間内での連続してのポイント付与を制限できます

ポイント付与・特典付与_app印刷4
⑧ 「設定を保存して印刷」を押す


ポイント付与・特典付与_app印刷5
⑨ メールアドレスを入力し、「送信」を押すと、指定されたメールアドレス宛に印刷用QRコードのダウンロードURLが送られます
⑩ ダウンロードしたデータを印刷し、店舗に掲示したりレジに置いておく
 →掲示例はこちら

「お客さま側の端末でQRコードを読み取る」へ


■PC版管理画面から印刷用QRコードを用意する
ポイント付与・特典付与_pc印刷1
① 左メニュー>「ショップカード」>「ポイント付与QRコード」を押す
② 画面右上の「+印刷用ポイント付与QRを作成」を押す

ポイント付与・特典付与_pc印刷2
③ 印刷されたQRコードに記載されるタイトルを編集することができます
④「読み取った際に付与するポイント数」を入力
※任意で不正利用防止のための設定をすることができます
⑤【任意】QRコードの有効期間を設定
設定期間を過ぎるとQRコードを読み取ってもポイントは付与されません
⑥【任意】お客さまの位置情報を判定
設定地点から500m以内でQRコードを読み取られた時のみ、ポイントが付与されるようになります
⑦【任意】連続でのポイント取得制限
一定の日や時間内での連続してのポイント付与を制限できます
⑧「設定を保存してファイルを表示」を押す

ポイント付与・特典付与_pc印刷3
⑨ 使用したいデザインの画像を押すか、「一括ダウンロード」を押してQRコードをダウンロード
⑩ ダウンロードした画像をプリンターで出力する

「お客さま側の端末でQRコードを読み取る」



店舗側の端末に表示させたポイント付与QRコード、もしくは事前に印刷してあるポイント付与QRコードをお客さまの端末で読み取っていただきます。

ポイント付与・特典付与_読み取り1
① お客さま側の端末でLINEを起動し、画面右下の「…」>「友だち追加」を押す


ポイント付与・特典付与_読み取り2
②「QRコード」を押す
③ QRコードリーダーが立ち上がるので、店舗側で用意したQRコードをお客さまに読み取っていただく



▼ 特典付与方法
ポイントが貯まったお客さまへの特典付与の方法です。

ポイント付与・特典付与_特典1
① ポイントが貯まったお客さまの端末上に表示されている「獲得した特典チケットを見る」を、お客さまor店舗のスタッフが押す


ポイント付与・特典付与_特典2
②「特典チケットを使用済みにする」を店舗のスタッフが押す


ポイント付与・特典付与_特典3
③「使用する」を店舗のスタッフが押す


ポイント付与・特典付与_特典4
④ 使用済みチケットの画面になっていることを確認し、特典をお渡ししてください
※お客さまが間違えて「使用済みボタン」を押してしまったと主張された場合、特典をお渡しするかどうかは、各店舗の判断に委ねます



<関連記事>
・【PC】ショップカード作成方法
http://manual-at.line.me/archives/1057410892.html
・【PC】カード公開後の編集・統計管理・公開停止
http://manual-at.line.me/archives/1064671832.html
・【アプリ】ショップカード作成方法
http://manual-at.line.me/archives/1042045062.html
・【アプリ】カード公開後の編集・統計管理・公開停止
http://manual-at.line.me/archives/1064671844.html
・ショップカード推奨設定・掲示例
http://manual-at.line.me/archives/1062354455.html
・ショップカードQ&A
https://help2.line.me/line_at_application/web/categoryId/10002760
・店舗用簡易マニュアル(PDF)
http://manual-at.line.me/shopcard_manual.pdf

2017.11.22更新

▼ 投稿の修正・削除方法

ホーム投稿の修正・削除(PC)_1
① 左メニュー>「ホーム」を押す
② 投稿済み一覧の中から該当の投稿の右下にある「>」を押す


ホーム投稿の修正・削除(PC)_2
③「テキスト編集」を押すと投稿済みのテキストを修正できます
④「削除」を押すと投稿済みのホーム投稿を削除できます
⑤ ③でテキスト編集した場合は「投稿する」を押すと再投稿されます
※ 投稿内容の編集は投稿が完了している記事に対してのみ有効です
※ テキストのみ編集可能となり、画像やスタンプ、URLなどの編集は行えません
※ 編集後も投稿した時間やホーム画面で表示される位置は変わりません
※ 編集した内容をデバイスで確認するには、ホーム画面の更新が必要です


<以下はホーム設定で「いいね/コメント設定」を受け付けている場合のみ対応>
⑥「コメント」:承認済みにしたコメントを確認したりコメントを投稿することができます
⑦「承認待ち」:未承認のコメントを承認 or スパムコメントに指定 or 削除できます
⑧「スパム」:⑦でスパムコメントに指定するとここに移動します、該当のコメントをしたユーザーをスパムユーザーに指定することができます
⑨「いいね」:投稿にいいねを付けてくれたユーザーを確認できます


<関連記事>
ホーム投稿方法
ホームの設定

2017.11.21更新



▼ ホームの投稿方法

ホーム投稿(PC)_1
① 左メニュー>「ホーム投稿」を押す
② ホーム投稿する日時を指定、または「今すぐ投稿」を選択
③ 投稿の形式を選択
※同時に投稿できない組み合わせは自動的に選択不可になります
・テキスト
※10,000文字まで(改行も可能)。140字程度(端末により差あり)もしくは6~8行で「もっと見る」で省略されますので、外部誘導をかけたい場合はその前にURLを設定されることを推奨します。
・スタンプ
・画像
※上限10MB以下(目安サイズ:1040pixel×830pixel)
※最大9枚まで投稿可能
※複数画像を設定した際いくつかのパターンで表示され、ユーザーはサムネイルをタップすることで全体を表示して確認することができます
※パターンはユーザー側の要望の変化に応じて予告なく変更される可能性があります
※6枚以上投稿の場合は最下段を横にスワイプさせると6枚目以降が表示されます
▼画像サムネイルパターン
ホーム投稿(PC)_画像サムネイル
・動画
※上限500MB以下(容量はできるだけ軽くしていただくことを推奨します)
※表示制限5分以下
クーポン
抽選ページ
PRページ
リサーチページ
・URL
※ここで設定したURLのOG imageやdescriptionを参照した画像も併せて表示され、画像をクリックすると設定したURLに遷移します。画像は、画像サイズやユーザー端末によって最適な表示になります。
ホーム投稿(PC)_URL
・場所

④「プレビュー」:配信時の見え方を確認
※プレビューで表示される画面はあくまでも参考画面です。画像サイズによっては、プレビュー通りの表示にならない場合があります
⑤「下書き保存」:作成したメッセージを保存
⑥ 作成完了後、「投稿する」を押す
※日時指定した場合、指定した時間にホーム投稿されます

LINE@マニュアル | ラインアットの使い方

このサイトではLINE@を導入している方向けに、最初の設定方法や活用方法をお伝えしています。